【女性向け】年末にやると良いことリスト

福袋レポート

お正月は仕事や学校の区切りではありませんが、気持ちとしては一番リセットされるタイミングではないでしょうか。年末年始の休みは一年の中でも貴重な連休なので、この機会にやっておくと良いことも多数あります。

今回は、年末にやると良いことを紹介します。年末年始の慌ただしい時期を、効率的かつ有効に過ごすためにも、事前にやりたいこと・やるべきことをリストにして整理しておくことはおすすめですよ。

国内旅行・海外旅行に行く

年末年始は、普段なかなかいけない長期の旅行に行くにはおすすめのタイミングです。

近年、年末の国内旅行の人気の旅行先として以下のような場所が挙げられます。

  • 大阪
  • 沖縄
  • 北陸(鳥取、福井など)

寒い時期なので、暖かい沖縄は快適に過ごせるので人気。その他、温かい温泉に浸かれる温泉地も根強い人気です。

大阪は、ユニバーサルスタジオのカウントダウンイベントに参加したいという目的で旅行する人も多いようです。愛媛の道後温泉でもカウントダウンイベントを行っていて、年々参加者が増加している人気の旅行先となっています。

折角だから、海外旅行をしたい、という人も多いと思います。年末の人気の国外旅行先としては、以下のような場所が挙げられます。

  • アジア(台湾、シンガポールなど)
  • ハワイ
  • ヨーロッパ(イタリアなど)
  • ニューヨーク

アジアでも、台湾やシンガポールなど、赤道に近く冬でも暖かい地域が人気です。LCCのフライトも増え、低価格で旅行できるのも魅力的ですね。

ハワイやヨーロッパなど、定番の旅行先も根強い人気です。

ニューヨークは、大晦日に大規模なカウントダウンイベントが行われることで有名。一生に一度は、ニューヨークで年越ししてみたいという人は多いのではないでしょうか。

新年の目標を決める

新年を迎えるにあたって、年末の内に新しい年の目標を決めておきましょう。新年になってから決めればいいじゃないか、と思うかもしれませんが、目標の内容によっては、1月1日から実行に移した方が良い場合もあります。

それに、目標はできるだけ時間をかけて決めた方が、より達成できる可能性が高くなります。なので、年始に慌てて決めるのではなく、年末の時期から考えておくのが重要です。

新年の目標を決める際に、気をつけておきたいのは「抱負と目標を区別する」ということです。抱負はあくまでも「こうなりたい」という希望ですが、目標には「達成までの明確な数値や、達成までの期限」があります。

目標をたてても失敗する原因には、以下のようなものがあります。

  • 目標が多すぎる
  • 実行できる見込みが全くない
  • 内容が曖昧

つまり、

  • どうしても達成したい目標に絞る
  • 実行できる可能性のある内容にする
  • 具体的な内容を決める

これらをクリアすることで、目標の達成可能性も上がります。

たとえば同じ「痩せる」でも、漠然と「痩せたい」と思うのではなく「夏までに6kg痩せる。そのために、毎日20分間筋トレとストレッチをする」など、具体的にすることでより実行しやすくなります。

目標を達成した時の自分をイメージして、ポジティブな気持ちになれるかも、目標を決めるうえで重要なポイントです。

家の掃除をする

年末は大掃除の時期ですが、家の中すべての掃除する時間はなかなかとれないという人も多いのではないでしょうか。

年末に優先して掃除をしておきたいのは、以下のような場所です。

  • 普段は時間がなくて後回しにしがちなところ
  • お正月を迎えるにあたって、きれいにしておきたいところ

例えば、普段はあまり目につかない「棚の裏」「棚の奥」「窓の桟」「照明の裏」など、普段なかなか掃除をしない「天井」「エアコン」などです。カーテンの洗濯なども、普段は忘れがちなので、年末にやってしまうとすっきりしますよ。

年末に大掃除をするのは、お正月に家にくる神様を迎え入れるためです。そのため、年末の大掃除では、神様が入ってくる玄関は必ずきれいにしておくようにしましょう。靴箱の中など、普段は見落としがちな場所をきれいにしたり、要らなくなった靴を整理するなどもおすすめです。

大掃除は、大晦日にやってはいけないとされています。掃除はできるだけ31日になる前に済ませておくようにしましょう。

欲しいものを買う

年末は、デパートやショッピングモールなどの実店舗はもちろん、楽天やAmazonなどの通販サイトでもセールが行われる時期です。

一年間欲しかったものを買ったり、掃除のついでに買い替えたりと、気持ち的にも新しいもの・欲しかったものを買うタイミングでもあります。年末年始のセールでそれらを買いたいと思う人も多いのでは。

年末に買われることが多いものには、以下のようなものがあります。

  • 衣料品(冬物のファッションアイテム)
  • 化粧品
  • 家電

年末はボーナスの時期でもあるので、欲しいと思っていたものを買うには丁度良いのかも知れません。

  • 1年間のごほうびに出せる金額
  • 家電など必要品の買い替えに出せる金額

この2つを分けておくのが、買いすぎを防ぐポイントです。

年末までにやるべきことリスト

ここまでに紹介したこと以外の「年末までにやるべきこと」を、リストでまとめました。すでにやったこと、まだやっていないことをチェックして、やり残しのにないすっきりした状態で新年を迎えましょう。

  1. 年賀状を書いて出す(元旦に確実に配達してもらうためには、12月25日までに投函)
  2. お歳暮を選ぶ、贈る(12月31日までに贈るのがマナーですが、12月20日頃までに贈るのがベター)
  3. 年越し・お正月の食事の準備(予約が必要なものは早めに。年末に早めに閉店するお店もあるので、いつも使っているお店の年末年始の営業時間も要チェック)
  4. カレンダーを買う(1月1日から使えるように、早めに用意しておきましょう)
  5. ふるさと納税(年内分を早めに締め切る自治体もあるので、早めの手続きを)

その他、個人的にやらなければいけないことなども、チェックリストにしておくことで、やり忘れが防げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました